WORKS監督作品 - 詳細

宝島

CURRENTLY IN PRODUCTION(2025年公開)

戦後沖縄を舞台に、史実に記されない真実を描ききった真藤順丈による傑作⼩説「宝島」。真藤は7年間という期間をかけ、「この⼩説で世界を変えるつもりで書いた」と熱く語る。 平和な時代を⽣きる私たちに、⽣きている感情を取り戻せ!と訴えかけるような圧倒的熱量で描かれた本作は、第160回直⽊賞に審査委員から満場⼀致で選ばれ、さらに第9回⼭⽥⾵太郎賞、 第5回沖縄書店⼤賞を受賞し、栄えある三冠に輝いた。
この熱量⾼い傑作⼩説「宝島」が実写映画化されることが決定した。監督を務めるのは、時代劇からアクション、SF、ドラマ、ミステリーやファンタジーまで、常に新たな挑戦をし続ける⼤友啓史 (『るろうに剣⼼シリーズ』、『レジェンド&バタフライ』)。⼤友はNHKに在籍中、連続テレビ⼩説「ちゅらさん」で沖縄を撮影してきたが、原作に惚れこみ映像化を熱望した今作で、戦後沖縄の20年と真正⾯から向き合うことになる。 この圧倒的熱量で描かれた原作と、細部まで徹底的にこだわり、セリフのないシーンや物語の中⼼ではない市井の⼈々にまで熱い感情を注ぎ込む⼤友監督との出会いは、⽇本映画を新たな境地へと導くに違いない。
主演には妻夫⽊聡を迎え、さらに広瀬すず、窪⽥正孝、永⼭瑛太ら⽇本映画界を牽引する豪華俳優陣が集結!全てが失われた戦後沖縄。混沌とした時代を全⼒で駆け抜けた‟戦果アギヤー“と呼ばれる若者たちの姿を、 圧倒的熱量と壮⼤なスケールで描く、超弩級エンタテインメントが誕⽣する。

STORY

沖縄がアメリカだった時代。⽶軍基地から奪った物資を住⺠らに分け与える、“戦果アギヤー”と呼ばれる若者たちがいた。 その中⼼にいるのは、いつか「でっかい戦果」を上げることを夢⾒る幼馴染の4⼈、オン、グスク、ヤマコ、レイ。 その中でも、英雄的存在であり、リーダーとしてみんなを引っ張っていたのが、⼀番年上のオンだった。全てを懸けて臨んだある襲撃の夜、 オンは「予定外の戦果」を⼿に⼊れ、突然消息を絶つ…。
残された3⼈はやがて、警察官、⼩学校の先⽣、ヤクザになり、それぞれの想いを胸に、憧れの存在オンの失踪の謎を追うが――。

TRAILER

    宝島 キャスト 写真

    CAST

    • 妻夫⽊聡(グスク)
    • 広瀬すず(ヤマコ)
    • 窪⽥正孝(レイ)
    • 永⼭瑛太(オン)

    STAFF

    監督
    大友啓史

    DATA

    原作
    真藤順丈「宝島」
    制作国
    ⽇本・⽶国共同制作
    配給
    東映
    ソニー・ピクチャーズ エンタテイメント
    技術
    カラー